FC2ブログ

ナマステスパイス

2010-06-04(Fri) 15:43
京急黄金町から3分。
浜松町方面への坂を上る手前にあるインド料理屋に行った。
一応通りには面しているものの、なんとなく存在感の希薄な、
小さくて怪しげな店であった。

私はこういう店が好きだ。

値段はランチで600~1300円くらいだったと思う。
カレーの種類とか、タンドリーチキンの有無とかが異なる、
Aセット~Dセットの4種類のランチメニューがあった。

980円のCセットはカレーが2種類、タンドリーチキンは無し。
他にサラダ、スープ、ドリンク(チャイorラッシー)、謎のインド風漬物、
そしてナンとライスはお変わり自由。

カレーの辛さは好きなように調節してもらえる。
私はもちろん「辛くして」と言った。


最初の一口を食べるまでじっと見つめられていたのが気になった。
後で「辛さはどうですか?」と聞きに来たので、
そういうのが気になっていたのだと思う。そういうことにしておく。

その後インド人店員(たぶん3人)は厨房で雑談をする。
雑談するのは全くもって構わないのだが、
けんかをしているようにしか聞こえないのは勘弁してほしいところ。
そして何語なのだかさっぱりわからない。
インド人の場合は英語であっても独特の発音なので、
英語だと気づかないケースもよくあることなのだ。



最後にライスのおかわりを頼んだ。
私 「最初の半分くらいでお願いします」
インド人「半分くらいね」

といって奥から持って来たのは、最初の倍はあろうかという
大盛りのライスだった。

思わずツッコミを入れそうになったが、つぶやく程度に抑えることができた。
インド人はサービス精神を持ち合わせているが、
それがちょっと間違った方向に作用するというインドでの経験を思い出した。
スポンサーサイト



テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

tag : インド 横浜

明日からプーケット!

2010-06-10(Thu) 23:56
明日、プーケットに旅立ちます。

日ごろあれだけ「タイが好きだ」といっている割には、
今回がようやく2度目のタイです。
(ソウルには3度も行ったのに・・・)
必ずまた来るぞ、と誓ってからもう5年も経ったんですねえ。

さて、今回の目的は、観光、ではなくマラソンです。
プーケット国際マラソンという、マイナーな大会に参加します。
3泊5日のタイトな日程にフルマラソン、体験ダイビングを無理やりねじ込んだので
街歩きをする時間はほとんど取れなさそうです。

無事に帰ってくることと、マラソンを完走すること。
この二つを目標に行ってきます!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

tag : マラソン タイ

プーケット その1

2010-06-16(Wed) 12:01
3泊5日でプーケットに行ってきました。

今回、往復の航空券は貯めたマイルの利用によりほぼタダ。
マラソンの関係でホテルは高いところに泊まったのだけど、
それでも全部含めて3万5千くらいだから安いもんだ。

さて、初日は完全に移動日。
朝家を出て、深夜にプーケットに着く予定だ。
最近は成田空港についても非日常感を全く感じられないのが実に悲しい。
食事もマクドナルドにしてしまったし。

R1020857.jpg

大韓航空に乗り込み、まずは仁川に向かう。
成田~プーケットの直行便はもちろんのこと、バンコク経由の便も
スカイチームでは手配できなかったのでこのようなルートになった。

R1020859.jpg
R1020860.jpg
R1020863.jpg

仁川にも慣れてしまったものだ(去年も来てるし)。
今回は乗り継ぎの待ち時間が異常にあったので、
たまたま放送していたワールドカップの試合を見たり、
お茶を買ったり冷麺を食べたりして過ごした。
前回あまったウォンを持ってきたのが良かった。

R1020871.jpg

プーケット行きの飛行機に乗り込む。
フライト時間が6時間もあるのだが、個人モニターは無し。
映画を見たがっていた友人は残念がっていた。
自分は機内で映画を見たりしないので、文庫を読んで過ごした。

プーケット到着は23時過ぎ。
さすがに到着便も少ないようで、閑散としている。

まずは空港を出てすぐのところで両替をした。
なんとなくレートが悪いような気はしたが、
下調べをしなかったので判断もできず、まとまった額を換金してしまった。

ホテルの両替のほうが1割も良いレートだというのは、最終日に分かった。
まあ、1000円ちょっと損しただけなので大して痛くはないけれど。

それよりもむしろ、いつもの貧乏旅行の癖で、

「1000バーツ札は要らんから細かくしてくれ」

といってしまい、100枚近い札束が出来上がったのに後悔をした。
翌日のダイビングでまとまった支払いがあるというのに・・・。
慣れ、というか惰性で行動すると良くないな。
しっかり頭を使わねば。

両替と同時にタクシーも手配。なんと550バーツもしたぞ。
プーケットタウンやパトンビーチのようなメジャーどころならともかく、
高級リゾート地であるバンタオビーチへ行くミニバスなんてないのだから仕方ない。

タクシーの運転手は真っ暗な道を140km/hでぶっ飛ばす。

(何かあったらもう命はない)

と覚悟をしたが、
幸いにも何事もなくホテルに到着。

R1020884.jpg

マラソンのサイトで指定された中でも最安のホテルだけど、
それでもかなり立派な「スイーツ」だった(キッチン付)。
さすがはバンタオビーチ。

翌日は早朝からダイビングに行くため、
この日は荷物を降ろしてすぐに寝た。

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

tag : タイ マラソン

プーケットその2

2010-06-21(Mon) 10:14
プーケット2日目(前編)。

目覚ましをセットした6:00よりもやや早く目が覚めた。
なんだかんだで日付が変わってから寝た割には、早い目覚めだ。
時差のせいだろうか?(といっても日本とタイは時差2時間だけだが)

R1020894.jpg

日本はこの時期、日の出が4時台だと思うが、
プーケットは緯度が低いだけに夏でも6時過ぎに日が昇るようだ。
当然日の入りも日本よりは断然早い。
夏でも昼が長くならないのが不思議な感じだ。

R1020907.jpg

朝食はホテルで食べた。
欧米人向けリゾートエリアのホテルだからなのか、
タイ風の食べ物が炒飯ぐらいしかなく、実に残念。
それどころか白米もない・・・アジア人はコメぜよ!

R1020910.jpg

朝食後、部屋に戻らずそのままダイビングショップへ向かう。
タイらしく、トラックの荷台を座席に改造した車が迎えに来た。
お店は、プーケット南東のシャロンというエリアにある。
ホテルのあるバンタオとは正反対といってもいい位置にある。
長旅だなあ、と思ったら近くのホテルに寄り、女の子二人が乗ってきた。
我々と同じくマラソン参加者らしい。けったいな人が他にもおるもんだなあ。

お店到着後、書類の記入や代金の支払いを済ませる。
昨日手に入れた50バーツ札の札束ともお別れだ。
「おつりにちょうどいいので助かる」と言って笑顔で受け取ってくれた。
そう言ってくれて、こっちも救われる思いがした。

ダイビングには同じ職場から二人合流する予定である。
その二人はマラソンとは何の関係もなくタイに来ているのだが、
たまたま同じ日程でプーケットにいることが判明し一緒にダイビングすることになった。

R1020918.jpg

彼らはまだ来ない。先に船まで行こうということになった。
結局合流したのは船に乗り込んでしばらくたった後。
どうやらピックアップの運転手が道に迷ったらしい。脱力する理由だぜ。

R1020923.jpg

向かうのはラチャヤイ島という、シャロン湾から船で1時間半くらい行った小島。
船に乗り込んだあたりでも相当水が澄んできれいに思えるのだが、
小島に近づくにつれ、さらに透明に、そして海の青が濃くなっていく。


つづく

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

tag : タイ マラソン

プーケット その3

2010-06-28(Mon) 21:27
プーケット2日目(中編)

R1020927.jpg

ダイビングスポットのラチャヤイ島に到着。
先に潜るのはライセンスをもっているファンダイビングの人たち。
我々体験ダイビング組は船上(2F)で少々待機する。

そんなに不安があるわけではないが、どうやって水に入るのか観察しておく。
といっても実に普通で、足からどぼん、と入るだけだった。



先発組がみんな海に入った後、一階におりてまずは機材の装着。
まずはウェットスーツを着込み、重り(ウェイト)を腰に巻き・・・。
ウェットスーツがMサイズで結構きつかったが何とか着れた。

その後ようやくボンベなどを背負って完成。
それにしてもダイビング機材が相当な重量だ。

さて、ついに水中へ入るときが来た。ちょっとどきどきする。
水に入るとき、ちょっとマスクが外れそうになって焦った。
それにしても浮かんでいるだけで十分気持ちいい天気と海だ。


インストラクターに浮力を抜かれながら、徐々に潜っていく。
耳抜きは問題なかった。
というか自分は耳の後ろ辺りを広げるような感じで
うまいこと耳抜きができることがわかった。これなら楽でいい。

海の中はきれいというか幻想的な感じだった。
無音の世界だからそう感じたのかもしれない。
自由に動き回れないのが残念だったけど、かなり楽しめた。

diving06.jpg

これは魚の餌付け(バナナ)をして、魚に囲まれてんやわんやの図。

diving09.jpg

こちらはニモでおなじみクマノミさんと一緒(左が私)。

ダイビング終了後はみんなで飯でも食いに・・・行きたかったんだけど
マラソンの受付のため、すぐさまホテルへ戻る。

続く

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

tag : タイ マラソン

プーケット その4

2010-06-29(Tue) 19:51
プーケット2日目(後編)

マラソンの受付をするためいったんホテルへ戻ってきた。
スケジュールがけっこうキツキツかと思ったが、割と余裕だった。

R1020938.jpg

友人は確認メールの控えを部屋においてきたため、
いったん部屋に引き返したものの受付はあっさり完了した。
受付は、掲示板に張ってある参加者一覧表でゼッケン番号を確認して行うので、
結果的には確認メールの控えなどいらなかったのだが。

そう。掲示板に全参加者の名前を張り出せるぐらいの小さな大会なのだ。

シューズとか時計とかタイガーバームとかのブースが出ていたので
一通り見て回ったけどとくに興味なし。
タイガーバームのブースでアイスキャンディーをもらってExpo会場を後にした。

R1020941.jpg

スタート地点で記念に一枚。

翌日4:30にはもうスタートなのだ。
だからこの日はパスタパーティーというイベントで飯食ったらとっとと寝る計画だ。

R1021043.jpg

ラグーナビーチリゾートというホテルが会場なので、シャトルバスで移動する。
ラグーナエリア内は無料のシャトルバスがけっこうな頻度で走っている。
初めはいちいちフロントで依頼するのだと思ってめんどいから使わなかったが、
待ってればすぐに来るのでこの頃からはちょっとの距離でもすぐに使った。

受付でもらったパスタパーティーのチケットで会場に入る。
一番手前のそれっぽいところに入って飯を食っていたが、
実はその奥にステージもあるいかにも前夜祭的な会場があることを後で知った。
もうたっぷり食べてしまったし、明日の朝食用にバナナもゲットしたんで
おとなしく帰ることにした。

R1020942.jpg

帰ろうとしたらなぜかホテル内に子ゾウがいた。子象カワユス。

部屋に戻り、明日の準備をしてこの日は終わり。

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

tag : タイ マラソン

プーケット その5

2010-06-30(Wed) 02:45
プーケット3日目、マラソン大会当日。

この日の朝は早い。
起きたときはまだ3:00。朝というよりは夜中だ。
前日早く寝たので眠くはないが、どうも奇妙な感じ。

ささっと着替えて、前日にもらっておいたバナナを2本食べる。
マラソン前にこれしか食べられないってのが辛いところ。
別のホテルでは2:30から朝食をやっていたらしいが。

CIMG0659.jpg

奥に見えるのがスタート/ゴールのゲート。
写真を撮っているこの位置がほぼ最後尾なので、
ほんとうに参加人数の少ない小さなマラソン大会である。
(もっとも、ハーフや10kmなど他の部門はもっと多い)

CIMG0658.jpg

スタート前に友人と記念撮影をした。
彼はかなり速いので、このあとホテルに戻るまでお別れとなる。
「一緒に走ろうねー!」なんてことはもちろんしないし。

それにしても想像以上のとんでもない暑さだった。
気温も高いが、それよりも湿度がつらい。
日の出まで2時間もあるというのに立っているだけで汗が流れるレベル。
はじめはゆっくり走ろうと思っていたのだが
日が昇る前になるべく距離を稼ぐ作戦に切り替えて走った。

CIMG0662.jpg

というわけで、腕のポーチにカメラを入れて走っていたけど、
折り返し地点の近くまでは写真も撮らずにノンストップで走った。
最初の一枚は折り返し地点の手前、6:40頃だ。
この頃は日も昇ってきて暑さも徐々に増してきた。

CIMG0664.jpg

折り返し地点の給水所。現地のスタッフに撮ってもらった。
ちなみに「写真を撮ってください」は、

チュワイターイ ルーパノイカップ
chuai thaai ruup hai noi krap

という。NHKで覚えておいたので完璧だ!
しかしカメラを持って近づくと、
このセリフを言う前に察してくれちゃうのがちょっと悲しい。

CIMG0665.jpg

25~30kmのあたりは森の中。ゴムの農園らしい。
このあたりではただでさえ少ない参加者がまばらになり、
前後を見渡しても誰もいない状況にもなったりする。
分かれ道には看板と人がいるから迷うことはないのだが。

この後はひたすら、1km歩いて、1km走って、の繰り返しをした。
普通は歩くとどんどん抜かれるんだろうが、
参加者はまばらだし、みんなして歩いているから
歩いても全く抜かれない。不思議な大会だ。

CIMG0667.jpg

35kmくらいだろうか。再びラグーナ地区に戻ってきた。
日陰もほとんどないため、熱中症寸前の状態だ。
ここの給水所ではスイカ・バナナを食べたりして5分は休んだと思う。
現地スタッフに混じって後続のランナーに水を配ったりスイカを勧めたりしてみた。
気分転換、ということで。

休んでちょっと体力回復し、ゴールが近づいたこともあって
ここからはゆっくりなペースであるがあまり歩かずに走った。
たぶんアメリカンなごつい兄ちゃんと励ましながら走ったりもした。

CIMG0668.jpg

そんなこんなでついにゴール。タイムは5:42:39。
ゴール前ではDJが名前を呼んでくれる。参加者が少ない大会ならではのサービスだ。
このコンディションで湘南国際マラソンよりいいタイムなんだから自分を褒めたい。

2010Cert-179.png

メシ食ってタイマッサージを受けてホテルに帰ったが、
この時点でまだ午前中というのが信じられん。
この後ずっと頭がボーっとして、どこかに出かけたのか覚えていない。
友人が近くのスーパーに散歩に行ったようで、カップ麺を買ってきてくれた。
たぶん、これを食べてこの日は寝たと思う。

3日目終わり。

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

tag : タイ マラソン

プーケット その6

2010-06-30(Wed) 22:59
プーケット4日目(前編)。事実上の最終日。

最終日といえば午前中ぐらいしか遊ぶ時間がないものだが、
今回はフライトが24:45なので丸一日たっぷりと時間がある。
むしろどうやって時間をつぶすのか悩むレベル。
しかもチェックアウトは12時だし。

R1020956.jpg

とりあえずゆっくりのんびり朝食をとった後、
せっかくなのでホテルのプールに入ってみることにした。
日差しは相変わらず強烈だが、水の中は極楽である。
小さなウォータースライダーもあってなかなか楽しい。
午前中はほとんどプールで過ごした。

R1020992.jpg

12時にいったんチェックアウトを済ませ、荷物はフロントに預かってもらう。
一度ぐらいは地元の食堂みたいなところで飯を食いたい!
という自分の意向でラグーナ地区の外に出てみた。
・・・が、あまり店はなさそうだ。
とりあえず客が多くいる店に入ってみる。

メニューに英語が書いてあるくせに、ほとんど英語が通じないという、
現地度の高い地元食堂だった。自分としては理想的だ。
指差し会話帳の力を少し借りて(あまり役に立たなかったが)
カオパッ(チャーハン)とトムヤムクンを注文した。
(まあ厳密には、クン(エビ)ではなくカイ(鶏)とプラー(魚)だが。)

この旅でこれまでに食べた中で一番うまかった。
スープも適当な作り置きかと思ったがわりとしっかり作ってるっぽかったし。
値段は忘れてしまったが、150バーツ(約450円)くらいだったかな。
ちょっと高め。

食べている途中から店の人が(タイ語で)何かしきりに訴えていた。
何事かと思ったが、どうやら雨が降るぞ、といっているらしかった。
めちゃめちゃ晴れているっつーのに。

一応屋根はついているところだったので問題ないだろうと思ったが
店員さんの強い勧めでテーブルを奥のほうに動かしたその数分後、
スコールが猛烈に降り注いできた。

R1020993.jpg

写真じゃイマイチ迫力が伝わらないと思うけど、
とんでもない勢いの雨である。あっという間にあたりは水浸しに。
どうせやることもないのでしばらく雨宿りをさせてもらうと、
じきに雨はやんで、また元の快晴に戻った。
店員さんがどうやってスコールを予想したのか未だに謎。

つづく

テーマ : タイ旅行
ジャンル : 旅行

tag : タイ マラソン

プロフィール

おばJ

Author:おばJ

横浜在住。出身は新選組の町・日野。音楽と旅と野球(阪神)とサッカー(マリノス)をこよなく愛する男。寒いのはかなり苦手。
OBAMA大統領と誕生日も同じおそらく日本で唯一の人物。

もっと詳しく...

ケータイでmixiから見ている方は http://obamaster.blog26.fc2.com/?m へどうぞ。

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
こんなんどお?
おばJのお気に入り
ブログ内検索
RSSリンクの表示
ブログを作るなら
アフィリエイト・SEO対策
ブログ
ブロとも申請フォーム
☆ブロとも大歓迎です☆

おばJとブロともになる

QRコード
QR
おばJへのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

横浜   音楽 マラソン ベランダ菜園 タイ マリノス 写真 アジア 新八王子WO バイク CKB コブミカン 吹奏楽 Tuba  阪神 ハバネロ ハーブ レモングラス ゲストハウス F1 楽器 ラーメン 激辛 カレー 水泳 ゴーヤ イチゴ 野球 NHK 映画 歴史 パクチー 料理 ブログ 散歩 甲子園 テレビ 18きっぷ 新選組 夜行バス 爆風スランプ 英語 中華街  ネパール 南平 ベース インド ディズニー 鉄道 沖縄 WBC 時計 洗車 電子マネー ドライブ お笑い バジル 幕末 

HS月別アーカイブ
訪問者数