スポンサーサイト

--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオス・タイ旅行 1日目(3)

2011-11-01(Tue) 22:27
タイからラオスに入って、急に道が悪くなった。バスの揺れが大きくなり、やっぱり経済的な格差があるんだなーと実感。それから右側通行になった。タイは日本と同じだったので、おんなじバスのおんなじ席なのに風景が変わって不思議な感覚でした。
R1025121.jpg
国境を抜けた直後の風景

でもそんな些細な変化にはすぐ慣れてしまい、ウトウトして、そして起きたらなんとなく街が近い雰囲気。そしてでかくて茶色く濁った大河が見えました。おおこれぞメコン川!河口付近でも無いのに川幅がとてつもなく広い!
R1025124.jpg
海じゃない。川です

そして橋を渡ったらすぐそこがパクセーの街だ。バスターミナルで降りると早速タクシーの客引きが寄って来る。街の中心部まで60バーツだという。全く相場はわからないけれど、さっきまで乗ってた国際バスが200バーツなのにそれは高すぎるだろうと思い、乗らなかった。まだラオスの通貨に両替もしてないし。

で、歩いて行ける距離の市場に向かうことにした。チャムパーサックへ向かうソンテウもここから出るらしい。ここはラオスでも最大の規模の市場らしい。確かに食料品も衣類も雑貨も電気製品もなんでも売っていた。時間さえあるなら、丸一日ここにいても退屈しなさそうだ。
R1025127.jpg
市場っぽくないところの写真しか撮ってなかった・・・

市場の端にあるソンテウが集まるエリアに行くと、「チャムパーサックへ行くのか?」と何度か声をかけられる。このオッサンはミニバスの運転手らしかった。安いソンテウで行くつもりだったけど、試しに値段を聞いてみたら200000キップだと言う。もはや数字が大きすぎてよくわからん。日本円ではおよそ2千円くらいだからかなり高いのは間違いなさそう。で、ソンテウの値段は20000。桁が違うやん。

ソンテウの運転手に出発時間と値段を確認して、銀行へ両替に行った。なんせこれから行く町は相当な田舎のはずだからここを逃してしまうと日本に帰ることすらできなくなるかもしれない。ちなみにこの時点で僕は日本円以外には40ドルと200バーツくらいしか持っていなかった。

しかしなんと、ここの銀行ではドルしか両替できないと言う!はやくもピンチである。タイでバーツを仕入れておくべきだったようだが、しかしもう遅い。混乱する中、30ドルを両替した。10ドル残した理由は、自分でも良くわからない・・・。

どうなるか先行きが見えないが、とりあえず次の町へ行くことにした。ソンテウに乗り込み、出発。当然旅行者は自分ひとりで、あとは地元の人たちだ。これに2時間ほど揺られ、横から吹き込む雨に打たれ、本日の目的地チャムパーサックに到着した。
R1025128.jpg
チャムパーサックへ向かうソンテウ

降りたとたん、宿屋の親父が現れる。まるで僕が来ることを知っていたかのようなすばやさだった。

つづく。
スポンサーサイト

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

tag : アジア タイ

パクチーハウス東京

2011-10-01(Sat) 08:55
ずーっと前から気になっていたお店に行って来ました。お店の名前はパクチーハウス東京。世界初のパクチー料理専門店、とうたってますが、多分世界にただ一つだと思われます。

パクチーハウス東京
paxi house tokyo
http://paxihouse.com



パクチーというとどうしても東南アジアのイメージなのでごちゃごちゃっとしたお店かと思いきや、明るくてシンプルな綺麗な店でした。ほぼ満席だったので、真ん中の「樽」で立ち飲み。

交流する飲食店と言うこともコンセプトらしく、相席推奨、そのため大きなテーブルしか置いてないみたいです。僕らが来る前から「樽」で立ち飲んでた人たちも気さくな感じで一緒に乾杯してくれました。


料理はどれもこれもパクチー山盛り。タイのヤムウンセンのようにもともとパクチーが入ってる料理もあれば、パクチーとの意外な組み合わせの料理もありパクチー好きにはたまりません。


パクチーのキムチなんてのもありました。最初戸惑ったんだけど、気付くとくせになる感じ。


で、お酒もパクチー尽くし。パクチーを漬け込んだ酒とかあるみたいですし、実際にパクチーの葉っぱをどっさりいれたお酒もあります。自分はあまりアルコール類が得意で無いので説明できないのですが…。

お茶やビネガードリンクもパクチー尽くしだから酒が飲めなくても楽しめます。ブルーベリーのドリンクにはパクチーの種が粒のまま入ってて美味しかったです。

人と人の交流を生む店、という点ではゲストハウスみたいなもんですね。全然知らない人でも会話をしちゃう雰囲気を持った空間。一人だと流石に食べ物のチョイスには苦労しそうだけど、お一人様でも全然問題なさそうです。



経堂という場所が自分にとっては行きづらいのですけどパクチー好き、旅好き、ゲストハウス好きには最高のお店でした。また行きます。(その時はこのブログで割引になるのだ…)

ラオス・タイ旅行 1日目(2)

2011-09-24(Sat) 21:16
ラオスへと向かうバスは定刻に出発。そんなに混んでいなくて、自分のような一人の旅行者はたいてい隣が空いていた。一方、子供連れの現地の人なんかは3人で2つの席に座ったりしている。たぶん子供の分のチケットは買っていないからだと思うんだが、出発した後は適当に座っちゃえばいいのにね。割と律儀な現地人の皆さんでした。

一眠りして気づくと、チョンメックという国境のタイ側の町に着いた。出国・入国の手続きのため一度降りるらしい。良くわからないので現地の人についていくと、出国手続きは空港にあるようなブースでパスポートを見せて終わり。あっけなかったです。

その後タイ側の建物を出て周りの人についていく。国境を示すと思われる柵があって、そこを越えたらラオスのようだ。位置的にはこれでラオスに入国を果たした。さらに少し進むとしょぼい建物があってそこで入国の手続きをする。タイ側と違って列を作るような構造になっていなくて、2つしかない窓口に、我先にとパスポートを突き出す。一応アライバルカードがおいてあったので記入したのだが、なぜかパスポートにくっついてきたのは白紙のカードだった・・・。

R1025117.jpg
ラオス側に入ったところ。
奥に見えるのがタイです。

R1025118.jpg
ラオス側の風景。

R1025119.jpg
ラオスの入国手続きをする建物。

R1025120.jpg
ラオス側の市場。

バスに乗り込む前に市場があったので何か買おうと思ったけれど、バスがいつ発車するのか分からずさっさとバスに乗り込んでしまった。隣の子供がずっと果物を食べ続けていて、ちょっとうらやましかった。

出発直前、バスの乗客の一人が話しかけてきた。「日本人か?」と聞いているほかには何を言っているのかわからなかったが、その人がパスポートを見せてきて意味が分かった。僕が書いたアライバルカードがその人のパスポートに留められていたのだ。なんて適当なんだ、ラオスの入国管理。こんなんじゃアライバルカードなんて何の意味もなさそうだけど、とりあえず自分のと交換しておきました。

そしてバスはパクセーに向かって出発。ラオスに入ったとたん、道路の舗装も質が悪くなっていました。

R1025121.jpg
国境を越えた直後。
ついにラオスに入った。

つづく。

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

tag : アジア タイ

ラオス・タイ旅行 1日目(1)

2011-09-22(Thu) 16:53
ラオス旅行1日目

バンコクに着いたのは朝の4:30。タイへの入国手続きをして、すぐさま出発ロビーへと向かう。タイの国内線のチェックインは大変かな、と思ったけど自動チェックイン機を使えたのでラクラクでした。

R1025094.jpg
イミグレーションへ向かうところ。
近代的な雰囲気だけど、ちゃんとタイのお寺っぽいのもある。

R1025097.jpg
入国審査場。

スワンナプーム空港は国際線も国内線も同じターミナル。ちゃんと区切られてはいるんだけど、「さっき到着したところにまた戻ってきた」というのがなんとも奇妙でした。乗り継ぎの時間が結構ぎりぎりだったので、無料WiFiで少し時間つぶしをしてたら、すぐに搭乗の時間になりました。

R1025099.jpg
ようやく明るくなってきました。

R1025102.jpg
離陸してちょっとした頃、田んぼが広がる。
朝日を反射してすごくきれいだった。

R1025104.jpg
国内線の機内食。パッケージが日本リスペクト。
中身はサンドイッチとクッキー。

というわけでタイ東北部のウボンラチャタニーに到着。いかにも地方空港、という雰囲気でボーディングブリッジはあるけど、使わずにタラップで降りました。タラップは飛行機を間近に見れるし結構好きです。まあさすがに777とかだとでかすぎて怖いかもしれないけど。

R1025108.jpg
タラップはLCCのノックエアー印。

R1025110.jpg
タラップだとこういう写真を撮ってもらえる。

さて、次はラオス行きの国際バスである。バスターミナルへの行き方を聞いてみるとどうやらタクシーしかないらしい。そんな馬鹿な、と思って周辺をうろついてもソンテウもバイクタクシーもいない。ここで手間取ってラオス行きのバスを逃してしまうのは痛すぎるので、おとなしくタクシーを使うことにした。

バスターミナルに到着。空港からは結構遠く感じた。これなら170バーツも妥当かな、と思ったらウボンからラオスのパクセーまでの国際バスがたったの200バーツ。タクシーが高すぎるのかバスが安すぎるのか・・・。とにかくチケットを買って、バスターミナル横の食堂で朝ごはんを食べました。

R1025112.jpg
ラオスまで行く国際バス。他のバスに比べるとかなりきれい。

R1025113.jpg
バスターミナルでの食事。30バーツ。
インゲン(?)とバジルはサービスらしい。

8:00には国歌っぽい曲が流れて、その場にいる全員が起立していました。なんとなく空気を読んで、外国人の僕も起立してみました。すごいな、日本では学校の教師ですら立たないというのに。


さて次は陸路での国境越えです。
つづく。

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

tag : アジア タイ

ラオス・タイ旅行 0日目

2011-09-13(Tue) 20:09
ラオス旅行に行ってきました。

大まかな行程

0日目 羽田発
1日目 バンコク着、タイ国内線とバスを乗り継いで一気にラオスへ
2日目 世界遺産ワットプーなど
3日目 カンボジア国境近くのシーパンドーンへ
4日目 シーパンドーンから一気にタイ・ウボンラチャタニーへ
5日目 ウボンラチャタニーで寺巡り
6日目 ウボンラチャタニー市場巡り、タイ出国
7日目 成田着、日本帰国


今回は初めて羽田発の国際線を使ってみました。
横浜からだと、成田とは比べ物にならないほど近くて便利です。
都心からも比較的近いため大学時代の友人N氏が見送りをしてくれました。
成田ではこんなことは考えられません。

PRONTOでお茶を買ってしばらく展望台で話をしてました。
ハワイアン航空の飛行機が珍しい~!とかなんとか言ってましたね。
N氏は海外出張も多く、羽田から台湾に行ったりしたんだそうで。

R1025084.jpg
羽田空港展望台にて、友人N氏とともに。

R1025091.jpg
タイ国際航空機到着。A340は久しぶりです。

で、あまり遅くなるとN氏も帰れなくなってしまうので
10時過ぎにお別れ、出国手続きを済ませました。

続く

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

tag : アジア タイ

プロフィール

おばJ

Author:おばJ

横浜在住。出身は新選組の町・日野。音楽と旅と野球(阪神)とサッカー(マリノス)をこよなく愛する男。寒いのはかなり苦手。
OBAMA大統領と誕生日も同じおそらく日本で唯一の人物。

もっと詳しく...

ケータイでmixiから見ている方は http://obamaster.blog26.fc2.com/?m へどうぞ。

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
こんなんどお?
おばJのお気に入り
ブログ内検索
RSSリンクの表示
ブログを作るなら
アフィリエイト・SEO対策
ブログ
ブロとも申請フォーム
☆ブロとも大歓迎です☆

おばJとブロともになる

QRコード
QR
おばJへのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

横浜   音楽 マラソン ベランダ菜園 タイ マリノス 写真 アジア 新八王子WO バイク CKB コブミカン 吹奏楽 Tuba  阪神 ハバネロ ハーブ レモングラス ゲストハウス F1 楽器 ラーメン 激辛 カレー 水泳 ゴーヤ イチゴ 野球 NHK 映画 歴史 パクチー 料理 ブログ 散歩 甲子園 テレビ 18きっぷ 新選組 夜行バス 爆風スランプ 英語 中華街  ネパール 南平 ベース インド ディズニー 鉄道 沖縄 WBC 時計 洗車 電子マネー ドライブ お笑い バジル 幕末 

HS月別アーカイブ
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。